比嘉真美子と勢の結婚は?延期の理由や破局の噂は?兄を調査!

比嘉真美子さんは、2012年にプロデビューしてから今までに6回の大会で優勝している女子プロゴルファーです。

比嘉真美子さんと大相撲力士の勢関の結婚、延期の理由や破局の噂、比嘉真美子さんのお兄さんについて調べていきたいと思います。

比嘉真美子のプロフィール

本名:比嘉 真美子(ひが まみこ)
生年月日:1993年10月11日(現時点27歳)
出身地:沖縄県国頭郡本部町
身長:161センチ
体重:58キロ
血液型:O型

出典:JLPGA

比嘉真美子さんは、11歳の頃に、お父さんと一緒にゴルフ練習場に行ったことがきっかけでゴルフを始めました。

中学3年の時にはプロアマどちらでも参加できる『ダイキンオーキッドレディス』に出場して12位タイの成績をおさめ、アマチュア選手の中でトップの「ローアマチュア」として注目を集めました。

本部高校に入学後も活躍を続け、2011年と2012年に『日本女子アマチュアゴルフ選手権』を連覇。これは、史上7人目のことです。すごいですよね!

プロ転向してからは、2013年にツアーで2勝を上げツアーフル参戦1年目で賞金ランク8位に入り、「最強アマ」と呼ばれた実力を証明しました。

その後3年間ほどは不調の時期が続きましたが、2016年の終盤からは調子を取り戻し、2018年には賞金ランキング4位になり、女子プロゴルフ界の主役返り咲きにむけて、結果を残しています。

比嘉真美子と勢の結婚延期の理由や破局の噂は?

そんな比嘉さんは、女子プロゴルフ界のなかできっての相撲好きとして知られています。

2018年6月末には、大相撲力士の勢関(いきおいぜき)と婚約していたことを発表しました。比嘉さんは、「私の持っている力をすべて使って支えたい」「将来的にはおかみさんになる可能性もあります」などのコメントを出していて、2018年の秋にも入籍かと報道されていました。

しかし、2021年5月現在、お二人が結婚、入籍したというニュースはまだありません。
最近の状況について、比嘉さんが何度か答えていますのでご紹介しましょう。

国内女子ゴルフツアーがストップしていた2020年5月1日に受けたインタビューでは、比嘉さんは故郷の沖縄県本部町にいました。

自分のゴルフの状態について話すとともに、3月の大阪場所についてかなり心配して見ていたそうで、無事に千秋楽を迎えた時は奇跡だと思いました。と、相撲や勢関への思いを語っています。

また、2021年3月2日には、前日に結婚を発表した同学年の渡辺彩香さんを祝福するコメントに合わせて、自身の入籍については全然なく、今はゴルフに集中して優勝回数を増やしたいと語っていたことから、結婚よりもゴルフということが分かりますね。

比嘉さんと婚約している勢関は、最高では関脇まで昇進したことがありますが、ここ数年は、蜂窩織炎(ほうかしきえん)という病気や足や手の負傷によってなかなか万全の状態で相撲を取ることができなくなっています。2021年5月場所では幕下41枚目と番付が大きく下がってしまいました。

お二人が破局したというはっきりした情報はありません。でも、勢関の今の状態とゴルフ界のトップを目指したいという比嘉さん自身の思いとを考え合わせると、きっと今はお二人のタイミングが合っていないのでしょうね。

良いお知らせが入るよう、今はあたたかい目で見守りたいですね。

比嘉真美子の兄や家族は?

比嘉さんは、7歳のころに8歳年上のお兄さんを、そして2011年にはお父さんをそれぞれ病気で亡くしていて、現在はお母さんとお姉さんとの3人家族です。

病名は明かされていないようですね。

比嘉さんは、2013年にツアー初優勝時の優勝インタビューや、不調だった数年間、辛いことやゴルフを辞めたいほど苦しんだ時期もあったそうですが、お母さんとお姉さんが全力でサポートしてくれたそうです。

不調を脱して2017年に『NEC軽井沢72』で3勝目を挙げたときもお母さんとお姉さんへの感謝の言葉を口にしていました。家族の支えはほんとうにありがたいものです。感謝を言葉にして伝えられたお母さんやお姉さんもきっと嬉しかったでしょうね。

まとめ

以上、比嘉真美子と勢の結婚は?延期の理由や破局の噂は?兄や家族についてでした。

「最強アマ」からプロゴルファーに転向してからも活躍を続けてきた比嘉さん。

今年はツアー優勝はまだありませんが、これからの活躍に期待です。勢関との結婚はいつになるかはわかりませんが、みまもっていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です