山田恵里の彼氏や結婚相手は誰?両親や兄弟、中学や高校を調査

7月 27, 2021

山田恵里さんは、東京オリンピックソフトボール日本代表で主将を務めていて、「女イチロー」と呼ばれるほどの強打者としても知られている選手です。
山田恵里さんの結婚相手、両親や兄弟、中学や高校について調べていきたいと思います。
[adsense1]

山田恵里のプロフィール

本名:山田 恵里(やまだ えり)

生年月日:1984年3月8日(現時点37歳)
出身地:神奈川県藤沢市
身長:165センチ
体重:59kg
血液型:A型
ポジション:外野手
投打:左投げ左打ち
背番号:所属チームでは7、日本代表でも7

出典:日本女子ソフトボール機構デンソーブライトペガサス

サザンオールスターズのヒット曲「いとしのエリー」から恵里と名付けられた山田さんは、小学1年生から野球チームに所属し、中学でも野球部に入部して甲子園を目指していました。

しかし、女子は甲子園に出られないと知って、高校からはソフトボールを始めます。高校2年3年とインターハイで連覇して卒業後の2002年に日立サンディーバへ入団。開幕から8打席連続ヒットに始まり、入団1年目で、新人賞・本塁打王・打点王・ベストナインを獲得するなど、いきなり数々のリーグ記録を塗り替える活躍を見せました。2008年北京五輪では、主将として、また不動の3番打者として、チームを引っ張り、金メダル獲得に貢献しています。

2021年からは、二度目の金メダル獲得に向けて自分を高めるため、19年間所属していた日立サンディーバを退団してデンソーブライトペガサスに移籍しました。
デビュー以来、現在に至るまで、日本ソフトボール界の打撃部門では他の追随を許さない強打者であり、人々の記憶に残る国際試合でのプレーとともに、国内リーグ戦でも数々の記録をうちたてています。

通算打率:0.380(歴代2位) 通算打点:202(歴代1位)
通算本塁打:45(歴代1位タイ) 通算三塁打:16(歴代1位タイ) 通算二塁打:53(歴代1位)
通算安打:422(歴代1位)
(2021年前半終了時点)

山田さんのデビュー当時について、日立の同僚で北京五輪で4番を打っていた馬渕智子さんは、
「おとなしかったがプレーを見たら肩も強い、バッティングもずば抜けていた」
と評しています。

また、長年にわたって好成績をあげている背景として、山田さんの普段の様子についてのこんな記述もありました。

午前6時山田恵里の早朝は早朝練習から始まる。もういいやと思うことは無く、続けないと結果出ないと思うと語る。練習場に入る前に1礼をする。続いてバッティングフォームの確認。納得が行くまで振り込んだ。たどり着いた審理としてどんなボールでも絶対に打てると語る。結果はすべて自分次第と語る。北海道代表合宿でも宇津木麗華監督が、リーダーの資質について語る。道具が汚いときがないと語り、どれくらい真剣にソフトボールに対してすべて懸けているかわかるとコメント。原田のどかは一挙手一投足がすべてお手本だと語る。洗濯でもすべてキレイにたたむと語る。言葉で無く背中で語る。

出典:TV出た蔵
[adsense2]

山田恵里の彼氏や結婚は?

山田さんは結婚されていてお子さんもいらっしゃいますが、旦那さんやお子さんについて詳しいことはわかりませんでした。

山田恵里の両親や兄弟は?

お母さんの文子さんは実業団の陸上選手でした。
お父さんの良彦さんはプロ競輪選手でした。2002年3月に引退されています。

そして2014年には、何の前触れもなく心筋梗塞で60歳という若さで急逝されています。山田さんは、お父さんが亡くなった3週間後には、さまざまな思いがある中で世界選手権に出場して、決勝でアメリカに勝って見事優勝を果たしています。

また、山田さんが野球に興味を持ったのはお兄さんの影響だそうで、4歳の時には早くも野球選手になりたいと思っていたとのことです。
[adsense3]

山田恵里の出身中学や高校は?

山田さんの出身中学は、神奈川県の「藤沢市立御所見中学校」です。

中学ではソフトボールではなく、男子の野球部に所属して中学3年生の時には不動の1番バッターでした。

出身高校は「神奈川県立厚木商業高校」です。野球で甲子園に出るつもりだった山田さんは女子は出場できないと知って、ソフトボール部に入部しました。最初はソフトボールに対して女子のお遊びのようなものと思っていたそうですが、すぐにソフトボールのスピード感や迫力に衝撃を受けることになったそうです。

まとめ

以上、山田恵里の彼氏や結婚相手は誰?両親や兄弟、中学や高校を調査でした。

今回の日本代表選手の中で、オリンピックの舞台を経験したことがあるのは上野選手と山田選手だけです。

ここ2年は本来の調子が出せていなかった山田さんですが、1つ年上の上野選手に作ってもらったトレーニングメニューに取り組んだことで、今シーズンは打率3割4分と復調しています。「安打製造機」「女イチロー」として、2008年北京に続く2つ目の金メダルめざすベテランの底力を見せてほしいですね。

Follow me!

ソフトボール

Posted by toukou