清原奈侑(なゆ)の国籍は韓国で帰化した?彼氏や結婚、出身高校は?

7月 27, 2021

清原奈侑さんは、日立サンディーバで主将を務めているソフトボール選手で、東京オリンピック日本代表に捕手として選ばれています。

清原奈侑さんの国籍、彼氏や結婚、出身高校について調べていきたいと思います。
[adsense1]

清原奈侑のプロフィール

本名:清原 奈侑(きよはら なゆ)

生年月日:1991年5月1日(現時点30歳)
出身地:大阪府大阪市
身長:165センチ
体重:64kg
血液型:O型
ポジション:捕手
投打:右投げ右打ち
背番号:所属チームでは10、日本代表でも10

出典:
日本女子ソフトボール機構日立ソフトボール部

清原さんは野球をやっていたお兄さんよりもうまくなりたいという思いから小学校で野球を始めました。中学に入ると、参加できる女子野球チームがなかったのでソフトボールに転向しました。当初はピッチャーをやっていましたが、高校2年からキャッチャーに変更。

キャッチャーというポジションについては、以下のように語っています。

「キャッチャーがずっとやりたくてポジション変更を申し出ていたのですがチーム事情もあり、そのタイミングでキャッチャーを任せてもらえるようになりました。」
「キャッチャーってかっこいいなってずっと思っていました。」
「私は、いちばんの楽しいポジションだと思っていますので大変だと感じることはないですね。自分のサインですべてが動き出すのですごくやりがいのあるポジションだと思います。」
「これがとても楽しいんです。自分の考えた戦い方がうまくはまったときはとても気待ちがいいですね!」

出典:たいせつじかん

京都西山高校2年の時にインターハイ優勝、園田学園女子大学では2年生3年生時に「全日本大学ソフトボール選手権」2連覇しています。

大学卒業後、2014年に日立サンディーバに入団するとすぐに正捕手として投手陣をリードするようになりました。2015年には日本代表として東アジアカップに出場して4連覇に大きく貢献。2018年には日本リーグのベストナインを受賞。2020年からは主将を務め、チームの中心選手として活躍しています。
[adsense2]

清原奈侑の国籍は韓国で帰化した?

清原奈侑さんの国籍は韓国なのでしょうか?また帰化したのでしょうか?清原さんは、高校時代に初めてU19日本代表の選考会に呼ばれた時に初めて自分の国籍を意識したそうです。

「日本国籍じゃないと日本代表にはなれない」とその時に知った清原さんは、園田学園女子大学2年のとき、日本の大学代表と当時の国籍である韓国代表の両方から声がかかりましたが、「韓国から帰化して日本で代表になり、必ず日本の力になりたい」と心に誓い、その後、日本国籍を取得しました。

2020年1月の日本代表のオーストラリア合宿で、選手1人1人が五輪への思いを語るミーティングが行われた時、清原さんは、韓国籍から日本国籍に変えたことや、東京五輪にかける意気込みを全員の前で語ったそうです。

自身もかつて中国籍から帰化して日本代表となった宇津木麗華ヘッドコーチは、
「彼女のソフトボールに対する思いが自分と合うところがある。帰化したと聞いたときも、彼女のオリンピックに対する思いに感動した。彼女はソフトボールに人生を懸けている。強い思いを持つ彼女を選ぶことが、チームの力になると思う」
と語っています。
[adsense3]

清原奈侑の彼氏や結婚は?

清原さんの彼氏や結婚についての情報はみつかりませんでした。

ということは未婚でしょうね。

清原奈侑の出身高校は?

清原さんの出身高校は「京都西山高校」です。
京都西山高校は京都府向日市にある私立の女子校です。ソフトボール部はインターハイに25回、選抜大会に22回の出場経験がある強豪で、清原さんが在籍していた2008年にはインターハイで、その5年前の2003年には選抜大会で、それぞれ優勝しています。

卒業生には、2008年北京五輪ソフトボールの金メダリストで今回の東京五輪では韓国代表のコーチを務めている江本奈穂さんや、同じく北京五輪金メダリストの狩野亜由美さんがいます。また現在の日本リーグの各チームにも合計およそ20人の卒業生がいます。

まとめ

以上、清原奈侑(なゆ)の国籍は韓国で帰化した?彼氏や結婚、出身高校についてでした。

キャッチャーというポジションが大好きでやりがいを感じている清原さん。過去の大会ではキャッチャーは2人選出が続いてきましたが、今回の日本代表が異例の3人選出となったのは、我妻選手の安定性、峰選手の経験に加えて、清原選手の配球の発想力や斬新なリードやアグレッシブさに期待されているからです。

「相手チームの選手や監督との駆け引きがおもしろい」、「もし他の競技をするなら、相手との駆け引きが楽しそうだから格闘技」、「もし一日だけ入れ替われるとしたら明石家さんまさんになって番組を仕切ってみたい」、という根っからの駆け引き好きで仕切り体質の清原さんは、「オリンピックにはよく魔物が住んでいると言われますが、自分にとっては一生に一度のオリンピックで楽しいイメージ、今はワクワクした気持ちが強いです」と語っています。持ち前の明るさと独自の発想力でオリンピックではきっと活躍してくれることでしょう。

Follow me!

ソフトボール

Posted by toukou