ウルフアロンが嫁と別居?離婚理由は?出身大学や兄弟を調査

7月 16, 2021

ウルフアロンさんは、東京オリンピック柔道男子100kg代表に選出された柔道選手です。
ウルフアロンさんの奥さんとの関係や出身大学、兄弟について調べていきたいと思います。

ウルフアロンのプロフィール

本名:ウルフ アロン(Aaron Wolf)

生年月日:1996年2月25日(現時点25歳)
出身地:東京都葛飾区新小岩
身長:181センチ
階級:男子100kg級
所属:了徳寺学園職
段位:五段
IJF世界ランキング:5位
組み手:左組み
得意技:大内刈

出典:ウィキペディア

6歳の時に講道館にある春日柔道クラブで柔道を始めたが、文京区立第一中学1年までは柔道をあまり楽しいとも思っていなかったが、中学2年の時に、のちに浦安高校でともに戦うことになる1年後輩の村田大祐選手に練習で何度も投げられるうちに悔しさがこみ上げてきて、それをきっかけに柔道に力を入れるようになった。

東海大浦安高校時代のおもな戦績は
1年:高校選手権では個人戦無差別で2位、団体戦優勝。
2年:全日本カデ90 kg超級優勝、金鷲旗優勝。インターハイの個人戦100 kg級3位、団体戦では優勝
高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成。国体少年男子の部でも千葉県の優勝に貢献。高校選手権無差別3位、団体戦優勝。
3年:金鷲旗優勝。インターハイ100 kg超級優勝。全日本ジュニア3位。国体少年男子の部では2連覇。

東海大学へ進学後、2018年には東海大学大学院の体育学研究科に進学したが、2019年1月に東京オリンピックの準備に集中するため休学。2018年4月からは了徳寺学園の職員になっている。

 

以下、全柔連のA強化選手ページに記載されている戦績

2013年9月 全日本ジュニア体重別選手権大会 100kg級 3位
2014年9月 全日本ジュニア体重別選手権大会 100kg級 優勝
2014年10月 世界ジュニア選手権大会 100kg級 3位
2014年11月 講道館杯全日本体重別選手権大会 100kg級 3位
2015年7月 グランプリ・ウランバートル 100kg級 優勝
2015年10月 グランプリ・タシケント 100kg級 優勝
2015年11月 講道館杯全日本体重別選手権大会 100kg級 優勝
2016年2月 グランドスラム・パリ 100kg級 3位
2016年4月 全日本選抜体重別選手権大会 100kg級 優勝
2016年5月 グランドスラム・バクー 100kg級 3位
2016年10月 全日本学生体重別選手権大会 100kg級 優勝
2016年11月 講道館杯全日本体重別選手権大会 100kg級 優勝
2017年2月 グランプリ・デュッセルドルフ 100kg級 2位
2017年4月 全日本選抜体重別選手権大会 100kg級 優勝
2017年4月 全日本選手権大会 無差別 2位
2017年9月 ブダペスト世界選手権大会 100kg級 優勝
2018年8月 グランプリ・ブダペスト 100kg級 優勝
2018年9月 バクー世界選手権大会 100kg級 出場
2018年11月 グランドスラム・大阪 100kg級 優勝
2019年2月 グランドスラム・パリ 100kg級 2位
2019年4月 全日本選抜体重別選手権大会 100kg級 2位
2019年4月 全日本選手権大会 無差別 優勝
2019年7月 グランプリ・ブダペスト 100kg級 優勝
2019年8月 世界柔道選手権東京大会 100kg級 3位
2019年11月 グランドスラム・大阪 100kg級 3位
2019年12月 ワールドマスターズ・青島 100kg級 2位

出典:公益財団法人全日本柔道連盟

上記の戦績の一番下のワールドマスターズ青島の決勝で右膝を負傷したために手術をした。
2020年2月にはグランドスラム・デュッセルドルフに出場予定だったが、右膝半月板損傷により取り止めた。その後に開かれた強化委員会で、強化委員全員の満場一致により、東京オリンピック代表が内定。
2021年4月のグランドスラム・アンタルヤでは2位。その直後のアジア・オセアニア選手権では優勝した。

IJF世界ランキングは5920ポイント獲得で5位(21/6/14現在)。

 

ウルフアロンが嫁と別居?離婚理由は?

ウルフアロンさんは2019年4月に一般女性と結婚しましたが、2020年10月29日のオンライン取材で、別居状態であり、離婚協議に入っていることを自ら報道陣に公表しました。

ウルフ・アロン
単身での武者修行生活が〝コロナ離婚〟につながってしまうのか。東京五輪柔道男子100キロ級代表のウルフ・アロン(24=了徳寺大職)が、昨年4月に結婚した一般女性と離婚協議に入っていることを公表した。

オンライン取材に応じたウルフは体重無差別で争う全日本選手権(12月26日、講道館)に出場する意向を示した。昨年末に損傷した右ヒザ半月板を部分切除したこともあり「国際大会前に一度、無差別の大会で試合感覚を取り戻したい」と、昨年大会に続く連覇を果たし、来夏の五輪に弾みをつけるのが狙いという。

だが、最後に「離婚を前提に別居している」と突然のカミングアウト。新型コロナウイルスの影響で道場が閉鎖されたため、4月から東京にあるジムで練習をしていたが、その際、自宅のある神奈川から通う負担を考えてウイークリーマンションで一人暮らしを開始。8月に〝単身赴任〟を終えた現在も別居状態にあるという。あくまで「状況を把握しておいてほしかった」とし、それ以上は言及しなかった。

6月の本紙インタビューでは、夫婦仲は良好とし、一人暮らし中も夫人と連絡を取り合い、週1回程度は会っていると説明していたが、コロナ禍による単身生活がすれ違うキッカケとなったのか。マネジメント担当者は「そういうこともあって…という部分もあるかもしれません」とコメントした。

離婚協議が精神的な負担になることは想像に難くないだけに、全日本選手権ではウルフの真の力が試されそうだ。

出典:東スポWeb(【柔道】東京五輪代表・ウルフ〝コロナ離婚〟へ 単身武者修行で夫婦すれ違い
2020年10月29日 05時15分)

とあるので、現在は離婚協議に入っており、別居されているという状態であることが伺えます。

アロンさんの奥さんの良美さんは、かつてテレビに出演したことがあります。

奥さんは以前柔道をやっていたとのことですが、東京女子体育大学の前原良美さんでしょうか。2017年の東京女子体育大学柔道部のツイートに前原さんの写真がありました。

ともかく、アロンさんと良美さんは短い結婚生活になったようですが、どうして離婚することになったかなんて当事者じゃないとわからないと思うのです。今の御時世、なにか起こるとコロナのせいにしがちですが、そうかもしれないし、そうじゃないかもしれません。

ウルフアロンの出身大学は?

ウルフアロンさんは東海大学の出身です。

東海大学出身の柔道選手はここには書ききれないほどたくさんいますが、一部紹介すると、ロス五輪金メダリストで国民栄誉賞を受賞した現JOCおよび全柔連会長の山下泰裕さんや、シドニー五輪金の井上康生さん、アトランタ五輪金の中村兼三さん、女子ではアテネ金の塚田真希さん、リオデジャネイロ金の田知本遥さんなどが東海大の出身です。そして東海大は柔道だけでなく野球やサッカーをはじめ、さまざまなスポーツで有名選手を輩出している大学です。

ウルフアロンの兄弟について

アロンさんには、お兄さんのウルフアイザックさんと弟さんのウルフシェインさんがいます。

弟のシェインさんは、2017年2月から8月までツイッターでつぶやいていました。
東大附属高校から早稲田大学文学部へ進学したシェインさんは、河合塾でのバイトの様子や大学の友人や高校の友人とのあれこれをつぶやいていて普通の大学生ですが、

このようなツイートなど、ときどきアメリカ人のお父さんと日本人のお母さんの間に生まれたことに関係することもつぶやいています。
シェインさんが現在何をされているかはわかりませんが、2017年4月に大学に入学したようなので、今年卒業されたのでしょうか。

お兄さんのアイザックさんは、2013年の時点で立教大学異文化コミュニケーション学部に在学していたようです。
ほかには大阪の「A-yan’s」という軟式草野球チームに「助っ人外国人」「不動の4番打者」として登録されているのも見つかりました。不動の4番打者でありながら、2018年に2試合出場して2打数ノーヒットですが。
アイザックさんも現在何をされているかはわかりません。

まとめ

以上、ウルフアロンが嫁と別居?離婚理由は?出身大学や兄弟を調査でした。

ここ数年は怪我にも悩まされたウルフアロンさんですが、IJFランキング5位を見てもわかるとおり実績は十分ですので、きっと東京オリンピックでも金メダルを獲ってくれることでしょう。奥さんとは別れても、お兄さんや弟さんや両親は応援してくれるはずです。頑張ってもらいたいですね。

Follow me!

柔道

Posted by toukou