高倉麻子の経歴や年齢、若い頃は?旦那や子供、病気や年俸を調べた

なでしこジャパンが活躍していますが、今のなでしこジャパンの監督は高倉麻子さんが務められています。

そんな高倉麻子さんの年齢や経歴、若い頃が気になります。旦那や子供、病気や年俸を調べていきたいと思います。

高倉麻子のプロフィール

名前:高倉 麻子(たかくら あさこ)
生年月日:1968年4月19日(現時点53歳)
出身地:福島県福島市
身長:163センチ

出典:Wikipedia

高倉麻子さんは福島市の出身で、小学生の時、地元の岡山スポーツ少年団に入団されサッカーを始められます。

現役時代のポジションはミッドフィルダーです。

高倉麻子の主な経歴

小学生時代からサッカーを始め、福島第三中学校時代にFCジンナンに入部

1983年サッカー日本女子代表に初選出、1年後の16歳の時にイタリア戦で日本女子代表デビューを果たします。

中学卒業後は現在の福島成蹊高等学校に入学するが、女子サッカー部がなかったため、福島県立福島工業高等学校に練習し、三菱養和クラブに週末は通われていました。

その後は和光大学に入学されます。

1985年現在の日テレ・ベレーザへ入団し、1989年に現在のなでしこリーグ(第一回)に出場され、リーグ初得点します。

1991年には現在のFIFA女子ワールドカップ(第一回)に出場されます。

1995年に第2回FIFA女子ワールドカップ スウェーデン大会に出場され、ベスト8に貢献されます。

翌年の1996年にはアトランタ五輪を経験されています。

1999年6月に松下電器女子サッカー部バンビーナへ移籍されます。

シーズン終了後にアメリカのシリコンバレー・レッドデビルズに入団されますが、怪我で半年で帰国されます。

その後はスペランツァF.C.高槻に復帰されます。

2004年に現役を引退されます。

2011年にJFA公認S級コーチライセンスを取得され、2013年からU-16サッカー日本女子代表チーム監督に起用されます。

2012・2013年にアジアサッカー連盟によるアジア年間最優秀コーチ女子の部を受賞されます。

2014年に監督の立場でU-17女子ワールドカップ初優勝に貢献されます。同年9月にはU-18サッカー女子日本代表監督に就任されます。AFC女子年間最優秀監督に3年連続3度目で選出されます。

2016年にサッカー女子日本代表の監督に就任されます。

高倉麻子の若い頃は?

高倉麻子さんの若い頃もサッカーに夢中だったことは経歴を見れば分かりますよね。

学生時代など若い頃は、ボーイッシュなサッカー少女といった感じに思えます。

高倉麻子の旦那や子供は?

高倉麻子さんの旦那や子供はいるのでしょうか?

高倉麻子さんの旦那さんは竹本一彦さんです。

竹本さんもサッカー選手でした。

お二人はどういった関係だったのでしょうか?

どうやら1986年に竹本さんが現在の日テレ・ベレーザの監督を務められ、高倉さんが日テレ・ベレーザの選手だったことから、コーチと選手という関係だったようです。

ちなみに高倉さんの方からアプローチされたのだそうです!

結婚は1999年にされているので、高倉さんが31歳で竹本さんが44歳の時にされているので、13歳差ですね。

ちなみにお二人に子供はいないそうです。

高倉麻子の病気とは?

高倉麻子さんについて調べていると病気という不安になるキーワードが・・・。

高倉麻子さんは何かの病気なのでしょうか?

調べてみましたが、今のところ何か病気をされているというわけではなさそうなので、一安心です。

高倉麻子の年俸は?

高倉麻子さんの年俸はどのくらいなのでしょうか?

現在は、なでしこジャパンの監督をされているのでそれなりの年俸だと思うのですが、比較までに前監督の佐々木則夫さんは年俸3000万円くらいだったそうです。

なので高倉さんもそこまではないにしても、年俸は2000万円〜3000万円といったところではないでしょうか?

まとめ

以上、高倉麻子の経歴や年齢、若い頃は?旦那や子供、病気や年俸についてでした。

なでしこジャパンの活躍が楽しみですね。

Follow me!

サッカー

Posted by admin