水谷隼選手が眼鏡をかけている理由は?レーシックで目が見えづらい?

7月 27, 2021

水谷隼選手といえば卓球男子として活躍されていますよね。

今まで水谷選手は肉眼で試合をされていたように思えますが、東京オリンピックでは眼鏡をかけていらっしゃいますよね。

なぜ眼鏡をかけているのか理由や、レーシックで光が入って目が見えづらいのかを調べていきたいと思います。

水谷隼選手がかけている試合用のサングラスは?

水谷隼選手が試合でかけているサングラスはswansイーノックスニューロンというモデルではないかと言われています。

 

様々な競技用のサングラスを販売していることで知られています。

水谷隼選手がかけているのは”アンダーテンプルデザイン”というもので、運動中の振動やズレを極限まで抑えられるそうです。

水谷隼のプロフィール

名前;水谷 隼(みずたに じゅん)
生年月日:1989年6月9日(現時点32歳)
出身地:静岡県磐田市
身長:172センチ
血液型:B型
靴のサイズ:27センチ
所属:木下グループホールディングス

出典:Wikipedia

水谷さんは幼少の頃はサッカー、バレーボール、バスケットボールなど様々なスポーツをされていたそうです。

水谷さんのご両親が卓球経験者で、父親が豊田町卓球スポーツ少年団をしており、5歳からそこに入っていたそうです。

水谷さんは小学1年生の時全日本卓球選手権大会バンビの部で準優勝され、そこから卓球の道に本格的に進むようになりました。

主な戦績

2007年アジア選手権男子ダブルス銅メダル、男子団体銀メダル

2008年世界卓球選手権男子団体銅メダル

2009年世界卓球選手権男子ダブルス銅メダル

2010年世界卓球選手権男子団体銅メダル

2012年世界卓球選手権男子団体銅メダル

2013年世界卓球選手権男子ダブルス銅メダル

2016年世界卓球選手権男子団体銀メダル、リオデジャネイロオリンピック男子団体銀メダル、男子シングルス銅メダル

などがあります。
[adsense2]

水谷隼選手が眼鏡をかけている理由は?レーシックで目が見えづらい?

水谷選手が眼鏡をかけている理由はなぜなのでしょうか?

水谷選手は目が見えづらいとここ数年ずっと悩んでいるそうです。

もともと水谷選手は視力がよくなかったそうです。なので今まではコンタクトを着用して試合に挑んでいたようですね。

水谷選手の目が見えづらいという症状は具体的にどのようなものなのでしょうか?

本人いわくボールが見えづらかったり、LEDの看板の文字が見えづらいといった症状があるそうです。

5年ほど前、左目の視力が低下したことで、左目だけレーシックを受け回復され、その後右目も視力が落ちたため、右目もレーシックを受けたそうです。

視力はどちらも回復されたのですが、ボールが見えづらいという症状が出てきました。

そのため水谷選手は眼鏡のようなサングラスのようなものをかけて、試合に挑んでいるのですね。
[adsense3]

水谷隼選手がかけている眼鏡はどれ?

水谷隼選手がかけている眼鏡はどの眼鏡なのでしょうか?

普段かけている眼鏡は、CHARMANT Z(シャルマンZゼットメガネフレーム)でZT22303-BK(ブラックカラー)というものなのだそうです。

価格は税込35,000円です。

MURATA公式サイトから購入も可能なようです。

水谷隼選手の眼鏡姿についてネット上の反応は?

水谷選手の眼鏡姿についてネット上ではどのような反応なのでしょうか?

https://twitter.com/iamringgg/status/1419127374021468163

水谷選手の眼鏡について、眼鏡が気になる!かっこいい!オシャレでかけてるのかな?眼鏡によって卓球選手っぽさが増したなどの意見が見られました。

まとめ

以上、水谷隼選手が眼鏡をかけている理由は?レーシックで目が見えづらい?についてでした。

卓球混合ダブルスでの金メダル獲得おめでとうございます!

これからも見守っていきたいですね。

Follow me!

卓球

Posted by admin