山口浩勢の彼女や結婚は?両親や兄弟、出身中学や高校を調査

山口浩勢さんは、箱根駅伝やニューイヤー駅伝やクロスカントリーで活躍し、3000mSCで東京オリンピック代表に選ばれた陸上競技の選手です。
山口浩勢さんの彼女や結婚、両親や兄弟、出身中学や高校について調べていきたいと思います。

山口浩勢のプロフィール

本名:山口 浩勢(やまぐち こうせい)
生年月日:1991年8月19日(現時点29歳)
出身地:愛知県知多市
身長:172センチ
体重:kg
所属:愛三工業

主な戦績

年 大会 種目 順位 備考
2010年 世界ジュニア陸上選手権 3000mSC 5位
2011年 第87回箱根駅伝 4区 4位 城西大学11位
2012年 第88回箱根駅伝 4区 4位 城西大学6位
2016年 第100回日本陸上選手権 3000mSC 3位
2017年 都道府県対抗男子駅伝 3区 区間2位 愛知県3位
クロスカントリー日本選手権 シニア12km 3位
第101回日本陸上選手権 3000mSC 3位
アジア陸上選手権 3000mSC 5位
全日本実業団陸上選手権 3000mSC 2位
2018年 ニューイヤー駅伝 1区 8位 愛三工業10位
都道府県対抗男子駅伝 3区 区間7位 愛知県18位
クロスカントリー日本選手権 シニア10km 2位
アジアクロスカントリー選手権 シニア12km 4位 日本団体金メダル
アジア競技大会 3000mSC 9位
IAAFコンチネンタルカップ 3000mSC 5位 DNF
2019年 アジア選手権大会 3000mSC 6位
第103回日本陸上選手権 3000mSC 4位
2020年 ニューイヤー駅伝 1区 9位 愛三工業6位
第104回日本陸上選手権 3000mSC 優勝
2021年 第105回日本陸上選手権 3000mSC 2位 東京五輪出場決定

出典:ヤフージャパン東京オリンピック・パラリンピックガイドウィキペディア
小学校5年生の時に友達と陸上クラブに入り、主に走高跳をやっていた。
中学に入って陸上競技部に入ってからも最初は走高跳をしていたが、同級生に勝てなかったことで種目変更を考え、ハードル、ジャベリックスロー(やり投げの導入段階の競技として開発された)、走幅跳などに取り組んだ結果、1年生の冬には長距離の道へ。しかし中学時代は3000m9分36秒がベストで全国大会に届くような記録ではなかった。

高校に進学した直後は中学卒業時の骨折でしばらく何もできず、秋から走りはじめると最初の5000mで15分台をマーク。高2の4月に、先輩が3000mSCでインターハイに出場していたのを知って興味をいだき、初めてのレースで9分45秒で走れたことで手応えをつかんでその後は本格的に3000mに取り組むようになった。自身もインターハイに出場したが予選落ち。翌年のインターハイでは8位に入賞した。

高校卒業後は城西大学へ進学して駅伝部の寮に入寮した。
関東インカレ3000mSCでは大学1年~4年まで4連覇を達成し、1年時には世界ジュニアの日本代表にも選ばれたが、決勝では最下位だった。
3000mSCだけでなく、大学駅伝でも出雲や全日本で1区を走ったが、好成績を上げることはできなかった。しかし初めての箱根駅伝では4区を区間4位で走った。

3000mSCでは、2年の時に日本インカレでも優勝。4年時には3000mSC優勝の翌日の5000mでも6位入賞をはたす。
3年時と4年時には城西大学史上初の2年連続で主将を務めた。

大学卒業後は愛三工業へ入社し、2017年には世界クロスカントリーとアジア選手権3000mSCでシニア日本代表に選ばれた。
2018年と2019年には、クロスカントリーや3000mSCでアジア大会や世界大会や大陸別選手権など、海外大会に多く出場した。
2012年から出場していた日本選手権では、2020年に8分24秒19と自己ベストを更新して初優勝し、東京オリンピックの参加標準記録8分22秒00にもあと2秒19まで迫った。
その1年後の東京オリンピック代表最終選考会を兼ねていた2021年6月26日の日本選手権では、8分19秒96で2位となり、代表に内定した。

城西大で関東インカレ4連覇の山口浩勢選手 日本選手権初優勝を経て再び世界へ!
https://4years.asahi.com/article/14331915
転倒しても日本新の三浦龍司が優勝 2位山口浩勢、3位青木涼真と五輪内定

出典:日刊スポーツ

山口浩勢の彼女や結婚は?

山口さんは結婚されていて、お子さんが2人いるそうですが、奥さんやお子さんについての詳しいことはわかりませんでした。

2020年の日本陸上選手権での優勝について、

「こどもが2人いるのですが『日本代表になったよ』といってもそこまで響かないかもしれないけど『日本で一番になったよ』と言ったら喜んでくれるかなと思いました」

出典:4years.大学スポーツ

と語っています。

山口浩勢の両親や兄弟は?

山口さんの両親や兄弟についての情報は見つかりませんでした。

山口浩勢の出身中学や高校は?

山口さんは愛知県の「知多市立八幡(やわた)中学校」の出身です。中学入学直後の山口さんは新体操部やバレーボール部に入部したかったそうですが、ちょうどそのころ廃部になったので陸上部に入ったそうです(バレーボール部は女子のみ現存)。八幡中学校は、スポーツ推薦などとは関係がない普通の公立中学校ですが、出身者として、元中日や楽天の山崎武司選手、元中日の浅尾拓也選手、84年ロス五輪金メダリストで元オリックス・横浜・阪神の伊藤敦規選手、元巨人や楽天の小山雄輝選手という4人のプロ野球選手がいます。

山口さんの出身高校は、「愛知県立惟信(いしん)高等学校」です。
1925年に旧制惟信中学校として設立され、戦後に愛知県立松蔭高等学校との統合と再分離、家庭科商業科農業科の募集停止を経て、1963年から普通科のみの高校となっています。
スポーツでは、2008年度に陸上競技部、2013年度にフェンシング同好会がそれぞれインターハイに出場しています。卒業生には元グラビアアイドルでタレントの森下千里さんがいます。

まとめ

以上、山口浩勢の彼女や結婚は?両親や兄弟、出身中学や高校を調査でした。

関東インカレ4連覇をはじめとする3000mSCでの活躍はもちろん、駅伝やクロスカントリーでも数多くの大会に出場し活躍してきた山口さんは、今後についてこう語っています。

今後の目標についてうかがうと「3000mSCで世界大会で決勝の舞台で最高のパフォーマンスをすることですね。大学1年の世界ジュニアの決勝は完全燃焼できない走りだったので、五輪や世界陸上の決勝の舞台で思いっきり走りたいです!」

出典:4years.大学スポーツ

ご自分が言っているとおりの「東京オリンピックでの完全燃焼」に期待したいですね。がんばってください。

Follow me!

陸上

Posted by toukou