友野一希の彼女や結婚は?両親や兄弟、出身高校や大学、コーチを調査

友野一希さんは、2018年世界選手権5位、2018年全日本選手権4位、2016年全日本ジュニア選手権優勝などの実績を持ち、北京五輪出場をめざしているフィギュアスケート選手です。
友野一希さんの彼女や結婚、両親や兄弟、出身高校や大学、コーチについて調べていきたいと思います。

友野一希のプロフィール

本名:友野 一希(ともの かずき)
生年月日:1998年5月15日(現時点23歳)
出身地:大阪府堺市
身長:160センチ
体重:48キロ
血液型:B型
所属(サポート契約):セントラルスポーツ

出典:ウィキペディア

4歳の時、フィギュアスケートをしていた母の影響もあり、上野芝スケートリンク(大阪府堺市。2012年閉鎖)でスケートを始める。
ジュニア時代は、ソチオリンピック代表で2014年世界選手権銀メダルの町田樹らとともに、高石市にある「大阪府立臨海スポーツセンター」で過ごした。
現在は、なんばにある「大阪市立浪速スポーツセンター」を練習拠点としている。2021年3月までの同志社大学時代には、朝7時半から9時15分まで練習を行った後、なんばから電車で1時間半かけて京都にある大学へ通学し、夜は戻ってきて2時間におよぶ練習を行っていた。
2018年12月には、同センターの運営を受託している「セントラルスポーツ」とアスリートサポート契約を締結している。

 

主な戦績(SP=ショートプログラム、FS=フリースケーティング)

ノービス時代

2009-10シーズン
近畿選手権(ノービスAクラス):3位
全日本フィギュアスケート(ノービス選手権Aクラス):13位

2010-11シーズン
近畿選手権(ノービスAクラス):3位
全日本フィギュアスケート(ノービス選手権Aクラス):3位
全日本ジュニア選手権:15位

ジュニア時代

2011-12シーズン
アジアフィギュア杯(ジュニアクラス):7位
近畿選手権(ジュニアクラス):2位
西日本ジュニア選手権:7位
全日本ジュニア選手権:9位

2012-13シーズン
近畿選手権(ジュニアクラス):2位
西日本ジュニア選手権:4位
全日本ジュニア選手権:10位

2013-14シーズン
近畿選手権(ジュニアクラス):1位(初優勝)
西日本ジュニア選手権:5位
全日本ジュニア選手権:6位
全日本選手権:SP20位、FS17位、総合20位
2014年チャレンジカップ(ジュニアクラス)2位:

2014-15シーズン
近畿選手権(ジュニアクラス):4位
西日本ジュニア選手権:3位
全日本ジュニア選手権:4位
全日本選手権:SP20位、FS18位、総合18位
2015年プランタン杯(ジュニアクラス):2位

2015-16シーズン
ジュニアグランプリシリーズ リガ杯:SP11位、FS13位、総合13位(ジュニアグランプリシリーズ初参戦)
全日本ジュニア選手権:SP3位、FS3位、総合2位
全日本選手権:SP12位、FS17位、総合16位
世界ジュニア選手権:SP20位、FS12位、総合15位(いずれも自己ベストを更新。山本草太の負傷欠場による代役出場)

2016-17シーズン
ジュニアグランプリシリーズ 横浜:SP6位、FS3位、総合4位
ジュニアグランプリシリーズ リュブリャナ杯:SP5位、FS3位、総合3位(国際スケート連盟主催の公式大会で初の表彰台)
全日本ジュニア選手権:SP1位、FS1位、総合1位(初優勝)
全日本選手権:5位
ながの銀嶺国体フィギュア少年男子:優勝
インターハイ:優勝
世界ジュニア選手権:SP14位、FS7位、総合9位

シニア時代

2017-18シーズン
チャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシック:5位
グランプリシリーズ NHK杯:7位(出場予定だった村上大介の病気欠場による代打出場)
全日本選手権:SP5位、FS4位(自己最高位だったが、平昌オリンピック出場はできず)
世界選手権:5位(本来は補欠二番手だったが、羽生結弦が右足首の怪我による欠場。補欠一番手の無良崇人も出場辞退したので、繰り上げで初出場となった。5位入賞により、翌年の世界選手権の出場枠「3」獲得に貢献するとともに、グランプリシリーズ二大会の出場資格を獲得し、特別強化選手に指定された)

2018-19シーズン
チャレンジャーシリーズ ロンバルディア杯:SP5位、FS5位、総合5位
グランプリシリーズ スケートカナダ:SP9位、FS10位、総合9位
グランプリシリーズ ロステレコム杯:SP4位、FS3位、総合3位(グランプリシリーズ初の表彰台)
全日本選手権:SP7位、FS3位、総合4位(→四大陸選手権と第29回ユニバーシアード冬季競技大会の代表に選出)
四大陸選手権:SP12位、FS12位、総合12位
ユニバーシアード:SP7位、FS6位、総合6位

2019-20シーズン
チャレンジャーシリーズ ロンバルディア杯:SP11位、FS6位、総合7位
グランプリシリーズ スケートアメリカ:SP8位、FS4位、総合5位
グランプリシリーズ ロステレコム杯:SP7位、FS7位、総合8位
全日本選手権:SP11位、FS4位、総合6位
四大陸選手権:7位(補欠選出だったが、宇野昌磨が海外拠点となったことによって出場を辞退したため、繰り上げで出場)

2020-21シーズン
グランプリシリーズ NHK杯:SP2位、FS3位、総合2位
全日本選手権:SP5位、FS6位、総合5位

友野一希の彼女や結婚は?

友野さんに彼女がいるかどうかの情報は見つかりませんでした。日々の大阪と京都の往復を含む、競技生活と大学生活の両立だけでも忙しそうで、誰かと付き合っている暇はなさそうな気もしますが、わかりません。

友野一希の両親や兄弟について

友野さんの両親については、友野さんがスケートを始めたきっかけの一つとして、「お母さんがフィギュアスケートをやっていたことがある」ということがわかっているだけで、父母ともに名前その他の詳しいことはわかりませんでした。きょうだいについても、ネット上では「友野一希 姉」という検索が行われているらしいですが、「お姉さんがいる」ということを表す確かな情報はありません。お姉さんに限らずきょうだいがいるかいないかについても、はっきりしていません。

友野一希の出身高校や大学について

友野さんは、大阪市住吉区の私立「浪速高等学校」の出身です。
浪速高校は、1923年に旧制の「浪速中学校」として設立されました。設立母体は財団法人「大阪國學院」という神主などの神職養成機関でした。1948年に新制の「浪速高等学校」となり2005年からは男女共学になっています。併設型の中高一貫校ですが、友野さんは中学は地元の堺市立陵南中学校を卒業しています。
浪速高校の出身者には、元プロボクサーでタレントの赤井英和さん、作家の藤本義一さん、落語家の笑福亭鶴瓶さん、タレントの林家ペーさんなどがいます。

浪速高校卒業後は、「同志社大学スポーツ健康科学部」に入学し、2021年3月に卒業しています。
1875年に「同志社英学校」という私塾から始まり1920年に設置された同志社大学は、「関関同立」の一つとして呼ばれることも多い関西の名門大学の一つです。14学部16研究科を持ち、約30000人の学生が在籍しています。
友野さんは「スポーツ健康科学部」において、スポーツに関するトレーニング方法や、心理学・栄養学を学んでいたそうです。「スポーツ健康科学部」は、2008年に開設された、同志社大学の中では歴史の浅い学部の一つで、京都府京田辺市の京田辺キャンパスにあります。京田辺キャンパスは理系とスポーツ系の研究拠点であり、体育会系の活動拠点にもなっています。

友野一希のコーチについて

友野さんのコーチとしては、4人の名前が挙がっています。

メインのコーチである、平池大人(ひらいけ たいじん)さんは、1978年生まれの元フィギュアスケート選手です。1997年と98年の2年連続で全日本ジュニア選手権と世界ジュニア選手権に出場して、全日本ジュニアは2年連続2位、世界ジュニアは10位と6位でした。全日本選手権にも1996-97シーズンから3年連続で出場し、10位、6位、7位という成績を記録しています。
引退後は指導者となり、友野さんが最初に練習をしていた「大阪府立臨海スポーツセンター」でコーチを務め、その後、2016年4月からは「浪速スポーツセンター」のヘッドコーチを務めています。

出典:ウィキペディア(平池大人)

杉田(旧姓:荻野)由香子さんは、振付師とコーチを長年務めていて、友野さん以外にも数多くの選手の振り付けを作っています。また、1990年の岩手国体フィギュアスケート成年女子の2位に「荻野由香子」の名が記録されていますので、元選手でもあったようです。

2010年バンクーバーと2014年ソチ五輪に出場した鈴木明子さんが、杉田さんについて語っていました。
明 『リベルタンゴ』は、踊り続けるプログラムって感じでしたね。
歌 あれは誰が振り付けを作ったんですか?
明 杉田由香子先生です。
歌 由香子先生が作ったんですね。あの時私は(髙橋)大輔のことを教えていなかったんですが、すごく(鈴木)明子さんの演技が気に入っていたみたいで、覚えてましたよ。

出典:フジテレビ

ミーシャ・ジーさんは、ロシア・モスクワ出身でウズベキスタンのフィギュアスケートの現役選手で、2014年ソチ五輪と2018年平昌五輪にも出場していますが、現役選手でありながら振付師としても活動し、高橋大輔さんなどのプログラムを手掛けてきました。

出典:ウィキペディア(ミーシャ・ジー)

佐々木彰生さんは、1991年生まれの元フィギュア選手で、2007年全日本ジュニア選手権2位、2008年世界ジュニア選手権出場、2012年日本選手権8位などの経験があります。2014年年6月に引退し、2017年1月からは浪速スポーツセンターのスケートリンクでインストラクターをつとめています。

出典:ウィキペディア(佐々木彰生)

まとめ

以上、友野一希の彼女や結婚は?両親や兄弟、出身高校や大学、コーチを調査でした。

友野さんは2020年11月のNHK杯で2位になりましたが、その時に、こんなことを言っています。

11月末のNHK杯で2位。グランプリシリーズでは過去最高の成績だったが、喜べなかった。優勝した17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)に50点近い大差をつけられたからだ。
フリー翌日のエキシビションで行われた会場インタビューでは、自ら年齢の話題に触れて、苦笑いした。
「僕はまだまだ若手だと思っているんですが、インタビューで僕より若い選手について聞かれて……。いつのまにか若手じゃなくなっていました」

出典:朝日新聞

4学年上の羽生結弦選手や1学年上の宇野昌磨選手の下の世代として2022年北京五輪出場をめざしていた友野さんですが、NHK杯に続く2020-2021シーズンの日本選手権では6位で、自分より下の世代の鍵山優真選手(3位)や佐藤駿選手(5位)に上をいかれてしまいました。しかし、若い2人との出場権争いはまだ続きます。友野さんは彼らにうちかって北京出場の切符を手にできるでしょうか。注目しましょう。

Follow me!