須本光希の彼女や結婚は?コーチや出身大学、両親や兄弟を調査

須本光希さんはアジアフィギュア杯(ジュニア)優勝や全日本ジュニア選手権優勝などの実績を持つ関西大学スケート部所属のフィギュアスケート選手です。
須本光希さんの彼女や結婚、コーチや出身大学、両親や兄弟について調べていきたいと思います。

須本光希のプロフィール

本名:須本 光希(すもと みつき)
生年月日:2001年2月4日(現時点20歳)
出身地:大阪府泉大津市
身長:164センチ
血液型:AB型
所属:関西大学

出典:ウィキペディア

主な戦績(SP=ショートプログラム、FS=フリースケーティング)

2015-2016シーズン
アジアフィギュア杯 (ジュニアクラス):SP3位、FS1位、総合1位
ジュニアグランプリ コロラドスプリングス:SP5位、FS7位、総合7位
全日本ジュニア選手権:SP4位、FS6位、総合6位
全日本選手権:SP18位、FS27位、総合14位

2016-2017シーズン
ジュニアグランプリ チェコスケート:SP5位、FS5位、総合5位
ジュニアグランプリ ブラエオン・シュベルター杯:SP4位、FS3位、総合3位
全日本ジュニア選手権:SP3位、FS2位、総合3位
全日本選手権:SP12位、FS14位、総合13位

2017-2018シーズン
ジュニアグランプリ リガ杯:SP4位、FS1位、総合1位
ジュニアグランプリ クロアチア杯:SP3位、FS4位、総合4位
全日本ジュニア選手権:SP1位、FS1位、総合1位
ジュニアグランプリファイナル:SP3位、FS3位、総合3位
全日本選手権:SP7位、FS6位、総合6位
世界ジュニア選手権:SP3位、FS9位、総合9位

2018-2019シーズン
チャレンジャーシリーズ アジアフィギュア杯:SP3位、FS4位、総合4位
ジュニアグランプリ JGPブラチスラヴァ:SP2位、FS2位、総合2位
全日本選手権:SP5位、FS8位、総合8位

2019-2020シーズン
チャレンジャーシリーズ ネペラ記念:SP5位、FS4位、総合5位
全日本選手権:SP12位、FS8位、総合8位

2020-2021シーズン
全日本選手権:SP15位、FS14位、総合14位

2021-2022シーズン
近畿選手権:SP5位、FS4位、総合5位

 

須本光希の彼女や結婚は?

須本さんの彼女や結婚に関する情報は見つかりませんでした。

須本光希のコーチについて

須本さんのコーチとしては6人の名前が挙がっています。

本田武史
長光歌子
山井真美子
吉野晃平

1981年生まれの本田武史さんは、1995年から2006年までのおよそ10年間、日本フィギュア界のトップとして活躍した元選手で、世界選手権2大会連続3位、2002年ソルトレークシティ五輪4位入賞、1998年長野五輪代表(15位)、1999年四大陸選手権優勝、全日本選手権通算6回優勝などの実績を持っています。引退後は、プロスケーター、解説者、浅田舞さんや高橋大輔さんをはじめとするコーチ業などを行なっていて、現在は関西大学アイスアリーナで指導しています。

1951年生まれの長光歌子さんは、全日本ジュニア選手権優勝、全日本選手権6位などの実績を持つ元選手で、現役引退後はコーチになり、高橋大輔さんや田中刑事選手などの指導をしてきました。現在は関西大学アイススケート部コーチを務めています。

山井真美子さんは、龍谷大学出身の元選手で、審判員の資格や国体監督の経験を持ち、現在は恩師の長光さんとともにコーチ業を行なっています。

出典:龍谷

吉野晃平さんは、関西大学出身の元選手で、現在はプリンスアイスワールドに所属するプロスケーターであると同時にコーチとしても活動しています。

 

須本さんは、当初、出身地である泉大津市のすぐ隣の高石市にある「大阪府立臨海スポーツセンター」で練習していました。
当時のコーチは、大西勝敬さんと小関悦也さんです。

1973年国体高校男子優勝、全日本選手権3位の大西勝敬(おおにし よしのり)さんは町田樹さんを指導しています。

須本光希の出身大学について

2021年11月現在、須本さんは「関西大学政策創造学部」の3年生です。

関西大学は、江戸時代の1825年に大坂に開かれた「泊園書院」という漢学塾を源流とし、1886年に開設された「関西法律学校」を期限としています。関関同立の一つとして知られていて、2020現在では13学部16研究科を持つ総合大学となっています。

須本さんが通う「政策創造学部」は、日本の大学の中で関西大学にのみ設置されている学部です(研究科は法政大学にのみ存在する)。2007年に設置されました。

他の多くの学部と同じく大阪府吹田市の千里山キャンパスにありますが、隣の高槻市の、「高槻キャンパス」には、国内の大学としては初となる国際競技規格の通年型アイスアリーナがあり、アイススケート部やアイスホッケー部の練習拠点となっています。

関西大学スケート部は、名古屋の中京大学と同じように、多くの著名なフィギュア選手を輩出しています。

下記引用先には、名コーチとして知られる佐藤信夫、佐藤久美子、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔、バンクーバー五輪7位入賞の織田信成、ソチ五輪5位入賞の町田樹、本田3姉妹の兄の本田太一、現役で平昌五輪4位入賞の宮原知子(以上、敬称略)など22人の名前が挙がっています

ウィキペディア
関西大学
関西大学の人物一覧

須本光希の両親や兄弟について

須本さんの両親や兄弟に関する情報は見つかりませんでした。

まとめ

以上、須本光希の彼女や結婚は?コーチや出身大学、両親や兄弟を調査でした。

須本さんは10月の近畿選手権で5位に入り、11月5日からの西日本選手権が間近に迫っています。通算7回目となる全日本選手権出場と上位入賞をめざして、まずは西日本選手権でがんばってもらいたいですね。

関西大学・須本光希、キャリアに迷い悩みながらも前へ「1試合1試合満足する演技を」

Follow me!