鈴木聖人(明大)に彼女はいる?出身高校や兄、両親や進路を調査

鈴木聖人さんは、明治大学競走部で主将を務めている陸上競技(長距離)の選手です。
鈴木聖人さんの彼女や出身高校、両親や兄弟、進路について調べていきたいと思います。

鈴木聖人のプロフィール

本名:鈴木聖人(すずき きよと)
生年月日:1999年2月25日(現時点22歳)
出身地:茨城県日立市
身長:165センチ
体重:50kg
所属:明治大学競走部

出典:スポーツ報知 箱根駅伝選手名鑑

主な戦績

2016年
全国高校駅伝(1区・16位)

2017年
国体(1組・4位)
全国高校駅伝(1区・5位)

2018年
全日本大学駅伝(1区・15位)

2019年
箱根駅伝(1区・13位)
全日本大学駅伝(7区・5位)

2020年
箱根駅伝(5区・5位)
全日本大学駅伝(8区・5位)

2021年
箱根駅伝2021年 (5区・9位)

出典:駅伝歴ドットコム

鈴木聖人に彼女はいる?

鈴木さんの彼女に関する情報は見つかりませんでした。

鈴木聖人の出身高校について

鈴木さんは、茨城県水戸市の私立「水城(すいじょう)高等学校」の出身です。

水城高等学校

1964年に創立された水城高校は、ゴルフ部や駅伝部などが強豪校として知られています。野球部も甲子園に夏春1回ずつの出場経験があります。ゴルフ部は全国高校選手権で6回優勝しており、プロゴルファーの片山晋呉、宮本勝昌、横田真一、星野陸也(以上敬称略)などが卒業生です。

鈴木聖人の両親や兄弟について

鈴木さんのお兄さんは、2つ年上で東京国際大出身の「正樹」さんです。

中学のサッカー部では主将を務め、2年時までは地区トレセンのメンバーにも選ばれていた鈴木だが、2学年上の兄・正樹さんの背中を追いかけ、高校からは陸上に集中することになった。水城高では1年時から駅伝メンバーに選ばれ、全国高校駅伝は3区で出場。2区を走った兄・正樹さんが9位でタスキをつなげるも、鈴木が23位まで順位を落とした。「兄弟でタスキをつなげたんですけど、自分が順位を大きく落として、先輩方に申し訳なくて泣きました」と、鈴木兄弟にとって晴れ舞台になったが、弟は悔しい走りになったという。

【学生長距離Close-upインタビュー】明大・鈴木聖人 トラック種目で自己新を連発する紫紺のエース

お兄さんの大学卒業後についてや、両親については情報を見つけることができませんでした。

鈴木聖人の進路について

現在、明治大学政治経済学部4年の鈴木さんは、卒業後は旭化成に所属することが明らかになっています。

旭化成陸上部(公式)
旭化成陸上部(ウィキペディア)

宮崎県延岡市を本拠地とする旭化成陸上部は、全日本実業団対抗駅伝競走大会(=ニューイヤー駅伝)で歴代最多25回の優勝を誇っています。古くは宗猛&茂兄弟、「こけちゃいました」の谷口浩美、92年バルセロナ五輪銀の森下広一らが活躍し、2017年から2020年までは村山謙太&紘太兄弟、市田宏&孝兄弟、鎧坂哲哉(以上敬称略)らを擁してニューイヤー駅伝で4連覇しています。

まとめ

以上、鈴木聖人(明大)に彼女はいる?出身高校や兄、両親や進路を調査でした。

最後の箱根に向けて、予選会では好成績を残した明治大学。

【箱根予選会】明大ぶっちぎりトップ通過 7人が30位以内、古豪の実力証明

来年1月2日3日の本戦はどうなるでしょうか。鈴木さんにとって最後となる箱根駅伝で自分自身が満足できる走りができるといいですね。
そして、強力なメンバーが揃っている旭化成に入社して、さらに走りに磨きをかけ実業団選手としても活躍を続けていってもらいたいです。期待しましょう。

Follow me!

陸上

Posted by toukou