花崎悠紀(駒澤)の退部の理由は?彼女や出身高校、進路を調査

花崎悠紀さんは、駒沢大学陸上競技部に所属していた元陸上選手です。2021年の箱根駅伝では6区を走って区間賞を獲得していますが、2021年11月現在、退部しています。
花崎悠紀さんの退部の理由や彼女、出身高校や進路について調べていきたいと思います。

花崎悠紀のプロフィール

本名:花崎 悠紀(はなさき ゆうき)
生年月日:2000年1月6日(現時点21歳)
出身地:富山県富山市
身長:165センチ
体重:57kg
所属:(元)駒沢大学陸上競技部

出典:スポーツ報知 箱根駅伝選手名鑑

主な戦績

2017年
都道府県駅伝 4区・35位
世田谷記録会5000m 4位

2018年
日本体育大学長距離競技会5000m 6位

2019年
世田谷246ハーフ 110位

2020年
東海大学長距離競技会5000m 1位
多摩川5⼤学対抗⻑距離競技会10000m 2位

2021年
箱根駅伝 6区・1位
世田谷記録会5000m 9位

出典:
駅伝歴ドットコム
https://ekidenreki.com/player/3136/

花崎悠紀の退部の理由は?

花崎さんの退部の理由については、本人以外の人達があれこれ推測していますが、はっきりした理由はわかりません。

2018年入学時には花崎さんを含め12人が入部していましたが、2021年11月の佃康平選手のインタビューによれば、4年生になった現在では4人になっているとのことです。

さらに遡れば、箱根駅伝の直後にはこんな口惜しさを味わっている。新たな主将に監督は4年生を選ばず、3年生主将となる田澤を指名した。力は図抜けているとはいえ、後輩に主将の座を譲った最上級生の心境は複雑だっただろう。
「正直、口惜しくなかった4年生はいなかったと思います。でも、監督としては田澤がなってくれた方がチームが良い方向に行くと思ったからの判断だったと思う。そうであれば自分たちはそれを尊重するしかありませんし、田澤をサポートしようと思いました」

(中略)

箱根に向けて、佃は吹っ切ったように話す。
「今、自分を含めて競技を続けている4年生は4人しかいないんですけど、彼らのためにもという思いはあります。今度の箱根は自分たちが4年生として挑む最後の箱根なので、下級生にばかり頼るのではなく、4年間の努力の成果を後輩たちに結果で示したい。それが一番、自分がこの4年間続けられた大きな意味になると思うので」

全日本“区間12位”でも箱根連覇に欠かせない? 駒澤大“唯一の4年生”、下級生活躍の裏での葛藤と献身「口惜しくなかった4年生はいない」

花崎悠紀に彼女はいるの?

花崎さんの彼女に関する情報は見つかりませんでした。

花崎悠紀の出身高校について

花崎さんは「富山県立富山商業高等学校」の出身です。

富山県立富山商業高等学校

富山商業高校は、1897年に「富山市立富山商業簡易学校」として開校し、2017年に創立120周年を迎えた歴史の古い学校です。
部活動では、硬式野球部が甲子園に春6回、夏16回出場しているほか、軟式野球部、陸上競技部、バスケットボール部、弓道部、吹奏楽部などが全国大会の常連となっています。
卒業生には、俳優の西村まさ彦さんや、2021年5月場所中に日本相撲協会の新型コロナウィルス感染症対応ガイドラインに違反してキャバクラに行っていたことが報道され、その後2022年5月場所までの出場停止処分を受けた、元大関の朝乃山関などがいます。

花崎悠紀の進路について

花崎さんの進路についての情報は見つかりませんでした。

まとめ

以上、花崎悠紀(駒澤)の退部の理由は?彼女や出身高校、進路を調査でした。

箱根駅伝で活躍した花崎さんですが、その後、何がきっかけとなって退部したのかはわかりませんでした。
本人のツイッターのアカウント(@yuukihanasaki)は現在鍵付きになっていて、プロフィール欄には、

憶測での発言、誹謗中傷等おやめください。非常に不愉快です。

とありました。陸上をやめてしまったとしても自分が納得のいく生き方をしているのならそれでいいと私は思います。

Follow me!

陸上

Posted by toukou