宮下隼人(東洋大)に彼女はいるの?身長や出身高校、進路を調査

宮下隼人さんは、2020年箱根駅伝で5区区間賞などの実績を持つ、東洋大学陸上競技部所属の長距離選手です。現在は主将を務めています。
宮下隼人さんの彼女や出身高校や進路について調べていきたいと思います。

宮下隼人のプロフィール

本名:宮下 隼人(みやした はやと)
生年月日:1999年10月15日(現時点22歳)
出身地:山梨県富士吉田市
身長:174センチ
体重:60kg
所属:東洋大学陸上競技部

出典:スポーツ報知 箱根駅伝選手名鑑

主な戦績

2019年
関東インカレハーフ 1組・2位
出雲駅伝 4区・4位
全日本大学駅伝 8区・8位
世田谷246ハーフ 123位

2020年
箱根駅伝 5区・1位
都道府県駅伝 7区・15位
トラックゲームズinTOKOROZAWA 10000m 1組・7位
全日本大学駅伝 8区・4位

2021年
箱根駅伝 5区・3位
全日本大学駅伝 8区・6位

出典:駅伝歴ドットコム

宮下隼人に彼女はいるの?

宮下さんの彼女に関する情報は見つかりませんでした。

宮下隼人の出身高校について

宮下さんは「山梨県立富士河口湖高等学校」の出身です。

山梨県立富士河口湖高等学校

富士河口湖高校は1976年に開校した県立高校で、住所は富士河口湖町となっていますが、学校の敷地は隣の富士吉田市にまたがっています。出身者にはプロレスラーの武藤敬司選手などがいます。

宮下隼人の進路について

現在4年生の宮下さんは、卒業後は「コニカミノルタ」に入社することを表明しています。

【箱根への道】4年生ランナー進路特集…青学大・飯田貴之は富士通 早大・中谷雄飛はSGホールディングス

コニカミノルタ

コニカミノルタは、カメラやコピー機などの製造メーカーです。
陸上競技部はコニカ時代の1970年に発足しました。ニューイヤー駅伝では、2001年から2014年までの14年間に、3連覇1回、2連覇2回を含む8回の優勝を果たしている強豪チームです。マラソンで7回優勝しているケニアのエリック・ワイナイナ選手(アトランタ五輪銅・シドニー五輪銀)が所属していたことでも知られています。

まとめ

主将としてチームをひっぱってきた宮下さんですが、個人としても大学としても十分な活躍ができなかった2021年でした。

宮下は前回の箱根駅伝で右足脛の疲労骨折をしてから、焦りもあり故障が長引き、前半シーズンはレースに復帰できず、充分に練習も積むことができなかった。出雲駅伝も欠場し、11月の全日本大学駅伝でアンカーを務めたが、その時の調子は「6~7割ぐらいでした」という。11位でもらった襷(たすき)を1つ押し上げたものの、10位でのゴール。14大会ぶりにシード権を落としてしまった。涙ながらにゴールし、ゴール後もしばらく号泣していた宮下。「シード権を取れなかったことで、今まで襷をつないできた先輩、それから来年は予選会からになる下級生に申し訳ないという気持ちで、ショックが大きかったです」と話す。

今のチームの雰囲気を問われると、チーム全員で「全日本大学駅伝シード落ち」の現状を受け止め、各学年が「やらないといけない」という雰囲気が出てきたという。「気持ちだけじゃなくて、行動として現れるようになってきたなと強く感じています」。現状は自らの状態も8~9割まで戻ってきているという実感がある。「あと2週間でさらに上げて、体も気持ちも10割に整えていきたいです」とおだやかな口調ながらも、燃える胸の内を感じさせた。

最後の箱根駅伝でも5区へのエントリーが最有力だが、目標については「2年前に出した(自分の)区間記録の更新は最低限したいと思っています。前回往路2位で終わったので、今回は往路優勝。そしてチームとして総合3位以内の目標を達成したいです」。

東洋大・宮下隼人主将 最後の箱根駅伝では「自分の区間記録を超える走りを」

しかし、現在は、最後の箱根駅伝で有終の美を飾るべく新たな気持ちで頑張っています。設定した目標をクリアする走りをぜひ見せてもらいたいですね。

 

以上、宮下隼人(東洋大)に彼女はいるの?身長や出身高校、進路を調査でした。

Follow me!

陸上

Posted by toukou