高梨沙羅の失格はなぜ?違反内容やスーツ規定を調査

北京オリンピックで新種目のジャンプ混合団体で日本は高梨沙羅選手が出場されているのですが、その高梨選手がスーツの規定違反で失格となってしまいました。

スーツの規定とはどのようになっているのでしょうか?

また、高梨選手はどのような違反で失格となってしまったのでしょうか?調べていきたいと思います。

 

高梨沙羅がスーツ規定違反で失格!どのような違反内容?

高梨沙羅選手はジャンプ混合団体で103メートルという大ジャンプを成功させたのですが、スーツの規定違反となってしまいました。

スーツの規定とはどのようになっているのでしょうか?

国際スキー連盟によると、直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならない。

ボディーに対して女子はプラス2センチ〜4センチが最大許容差とされているようです。

計測自体はシーズン始めにして、股下の長さや身長、腕の長さなど数値を登録して提出しているようですね。

特に日本人選手などが着用しているスーツは空気抵抗など規定ギリギリを狙っているため、わずか100グラムの増減で規定違反に引っかかると言われています。

よって、体重の変化だけでも誤差が出てくるケースはあるそうです。

なので、今回の高梨選手も体重などそういった小さな誤差でスーツ規定違反になった可能性もありますね。

高梨選手以外の海外選手も今回のジャンプ混合団体で、スーツ規定違反で失格となっていたので、珍しいことではないようですね。

ちなみに過去のW杯では、高梨選手は始めの計測に比べて、飛び終えた直後の計測で太腿のサイズが大きく失格したことがあります。

新人の選手だけでなく、他のベテランの選手も失格になっていたりするので、スーツ規定違反は本当に珍しいことではないようですね。

推測になりますが、今回のオリンピックでのスーツ規定違反は飛び終えたあとに計測をするのですが、そこで身長や太もも、体重などどこかの部位の増減があり、最大許容差を超えてしまったため、飛び終えてからのスーツ規定違反で失格となってしまったのかもしれませんね。

2/7 22:30追記

高梨沙羅選手のスーツ規定違反についてですが、どうやら飛んだ後に一部の選手が抜き打ち検査をされたようで、それにより高梨選手が検査を受けたところ、太ももまわりが規定より2センチ大きかったためスーツ規定違反となってしまったようです。

現地の乾燥で水分不足や、プレッシャーなどで体重減少を招いたため起こったと言われているようです。

また、高梨沙羅選手が着用していたスーツはコーチサイドが用意したものなのだそう。

高梨沙羅がスーツ規定違反で失格についてネット上の反応は?

・飛んだ後にスーツ規定違反って。飛ぶ前にわからないものなの?

・高梨沙羅選手悔しいよね。

・ルール改定されていて嫌がらせに思えてくる

・スーツ違反で失格なんて残念。

・スーツ違反で失格っておかしくない?なんで飛ぶ前に言わないの?

と、このようにスーツ違反に納得していないという意見が多かったです。私も見ていて残念に思ってしまいました。

まとめ

以上、高梨沙羅がスーツ規定違反で失格!どのような違反内容?規定を調査でした。

ルールが改定されて厳しいという意見も多かったです。

スキー

Posted by admin