笹生優花の父母や国籍はフィリピン?スポンサーが刀専門店の理由は?

笹生優花さんは、日本デビュー直後の2020年に早くも2勝をあげたことで注目されている、フィリピン出身の若手プロゴルファーです。

笹生優花さんの父母や国籍、スポンサーが刀専門店である理由について調べていきたいと思います。

笹生優花のプロフィール

本名:笹生 優花(さそう ゆうか)
生年月日:2001年6月20日(現時点19歳)
出身地:フィリピン
身長:166センチ
体重:63キロ
血液型:B型

出典:JLPGA

笹生さんは、お父さんの影響で8歳からゴルフを始めたそうです。6歳のときにフィリピンから日本へ移住していましたが、ちょうどこのころ再びフィリピンに戻り、その後はフィリピンや各国のジュニアやアマチュアの大会に出場して活躍しました。

2016年に出場した「ICTSI Eagle Ridge Ladies Invitational」はフィリピン女子ツアーのトーナメントですが、若干14歳の笹生さんがプロ選手たちを打ち破って優勝しました。

2018年と19年には「フィリピン女子オープン」連覇。19年に初開催の「オーガスタ女子アマ」では日本から出場した安田祐香とともに3位に入りました。

11月には日本のJLPGAのプロテストに合格した後は、尾崎将司選手の自宅練習場、通称“ジャンボ邸”に通って腕を磨きました。

20年「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でツアー初優勝。つづいて「ニトリレディス」で2勝目。この2度の優勝の結果、”プロ3試合目で生涯獲得賞金5000万円を突破”となりました。これは、それまで畑岡奈紗選手たちが持っていた「8試合」を大きく上回る記録です。賞金ランキングは4位となっています。(2021/5/23現在)

追記

全米女子オープン選手権で、笹生優花さんが初優勝を果たされました!おめでとうございます!

笹生優花の父や母・家族は?

笹生さんのお父さんの正和さんは、フィリピン生まれで日本人です。
笹生さんは8歳でゴルフを始めた時から、下半身強化のためにランニングやラウンド中は両足首に重りをつけて鍛えていました。

これは正和さんが、1969年から71年に放送されていたドラマ「柔道一直線」で主演の桜木健一さんが鉄ゲタを履いていたのを視て、そこからヒントを得て娘さんのゴルフの指導に生かしたのだそうです。

正和さんは「自分も柔道をやっていて鉄ゲタで練習していた。どんなスポーツでも下半身を鍛えるのは必要だと思い、足首につけるのが一番危険性が少ない」と説明しています。

笹生さんはこの練習で下半身を強化した結果、300ヤード近くまで飛ばせる豪快なショットで「女ウッズ」の異名を持つまでに成長しました。

お母さんのフリッツィさんはフィリピン人です。きょうだいは、妹1人弟3人と言われています。プロフィールの「好きなこと」に「きょうだいでキャッチボール」とあるくらいなので、きっと仲がいいのでしょうね。

笹生優花の国籍はフィリピン?

お父さんが日本人でお母さんがフィリピン人である笹生さんは、現在は日本とフィリピンの両方の国籍を持っています。

二重国籍について・・・

日本の国籍法は1985年から、国籍選択制度を採用しています。複数の国籍を持つ人は原則として22歳までにどちらかの国籍を選択する義務がありますが、政府は選択の義務を課したかどうかを確かめたことはなく、日本国籍を選択した場合に外国籍を離脱するのも(罰則のない)努力義務にとどまっています。

すると、もうすぐ20歳になる笹生さんは、あと2年のうちに日本かフィリピン、どちらかの国籍を選ばなければならないのですが、選ばなくても罰則はなく、また、日本の法律では「選べ」と言っていますが、フィリピンは二重国籍を認めていますので、そのままでもいいのかもしれません。

笹生さんに限ったことではなく、二重国籍については、いろいろと難しい問題が含まれています。

笹生優花のスポンサーが刀専門店の理由は?

笹生さんがかぶっているキャップのツバ左側には「刀」、左側頭部には「銀座長州屋」と入っています。

銀座長州屋は、銀座にある日本刀専門店です。2020年の3月から笹生さんのスポンサーになっています。

社長の深海信彦さんは、2007年ころジャンボ尾崎選手と知り合い、尾崎選手から
「練習場を自由に使っていいから、刀剣の相談に乗ってくれ」と言われます。

日本刀収集を趣味とする尾崎選手に刀についてのアドバイスをするようになった深海さんですが、今度は、ある人から「ユウカ・サソウというすごい新人がいるけれど、日本に練習の拠点がないからジャンボさんを紹介してくれないか」と頼まれました。

じつは笹生さんのお父さんも刀剣が趣味で以前から深海さんの店を訪ねていて、笹生さん自身も父親に連れられて何度か来ていました。そのことを知った深海さんが尾崎選手に紹介して、笹生さんは”ジャンボ邸”で練習するようになったのです。

フィリピン出身である笹生さんからスポンサーを頼まれた深海さんは、最初は悩んだといいます。

「だってウチは日本刀を売る商売ですから。でも、せっかく応援するなら、日本で人気が出るプロになってもらえるよう、刀を通じて日本人の心を学んでもらおうと考えたのです」」
「あまり大きな口を叩かず、日々勉強、日々精進、日々反省、毎日同じことを繰り返すだけです、って具合に謙虚にいかなければ、何回勝っても人気が出ないよ、と口を酸っぱくしていっています」
出典:(パーゴルフ+PLUS 【GOLF、今この人に聞きたい!】 第212回:深海信彦さん)

まとめ

以上、笹生優花の父母や国籍はフィリピン?スポンサーが刀専門店の理由についてでした。

19歳にして2勝を挙げ、「飛ばし屋」としても注目されている笹生優花さん。きっと女子プロゴルフ界をひっぱっていく選手になっていくでしょう。日本人の心とフィリピン人の心、どちらも大切にしながら、これからもがんばってほしいですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です